医師のご紹介

院長 富樫正樹

院長  富樫 正樹(とがし まさき)

   趣味: 野球観戦、ドライブ、アマチュア無線   


歯学博士(新潟大学口腔外科学)
一般社団法人日本顎関節学会認定専門医
一般社団法人日本抗加齢医学会認定専門医
一般社団法人日本口腔外科学会会員

昭和59年 山形県立鶴岡南高等学校卒業
平成4年 新潟大学歯学部卒業、卒後直ちに山形大学医学部歯科口腔外科学講座入局
平成6年から 長井市立総合病院(現在公立置賜総合病院に合併)歯科口腔外科、山形県立中央病院歯科口腔外科、山形市立病院済生館歯科口腔外科、山形県立総合療育訓練センター庄内支所歯科(障がい者歯科)にて診療に従事
平成9年 山形大学医学部附属病院歯科口腔外科助教任官
平成10年 郷里の鶴岡市にて富樫歯科医院開業

医療における質の向上は、人間が豊かに生きていくうえで常に求められているものです。
では、「質の良い医療」とは何でしょうか?
近年の医療技術の向上は目覚ましいもので、常に新しい治療法や医療機器が開発されています。新しい医療は確かに質の良い医療かもしれません。しかしそれだけではなく、私たち医療スタッフが病状や治療法をわかりやすく説明し、患者の皆様が納得し、安心して治療を受けられるということも大切だと考えております。
治療を担当する側とそれを受ける側双方が情報を共有してともに進めていく医療、つまりインフォームドコンセントのなされている医療がいま広がりつつあります。私たちも歯科医療を通して、その一端を担えるよう日々の努力を怠らず邁進していきたいと思っております。

当院のコンセプト

  • 当院では患者の皆様のプライバシー保護のため、個室または診療椅子を大きく仕切り、半個室型の設計にしてあります。人前では言いづらい全身疾患についてや歯の色、口臭の悩みなどの相談も、お気軽にお申し付けください。  
  • 当院はかかりつけ歯科医として患者様の主訴をもとに皆様の治療を進めております。口腔内の状態によっては、より確実な治療計画を立案し御提示させていただく場合があります。  
  • 当院はバリアフリー設計ですので、車椅子のまま診察室へ入ることができます。 また、介助の必要な方は受付にお声をかけてください。  
  • 診療器具基本セットは完全滅菌し、紙コップ、エプロン、診療用手袋はお一人分ごと使い捨てとしております。  
  • 当院ではレントゲン撮影にデジタルエックス線写真を使用しております。フィルムエックス線写真と比べてエックス線の照射量が約1/5と少なく、体への影響はほとんどありません。  
  • 通常の治療のほか、歯のクリーニング(PMTC)、スポーツ用マウスガード、管楽器奏者用の調製用マウスピースなどもご相談承ります。

11、12月の休診日
11/11(土)終日(学会出張)
11/25(土)終日(スタッフ研修)
11/30(木)午後(会議出張)
12/22(金)午後(会議出張)
TEL: 0235-33-4618
メールでのお問合せ